[PR]

 河野太郎外相は20日の閣議後の記者会見で、北朝鮮が核兵器の開発を進めるのは朝鮮半島統一の重要な手段と考えているから、との見方を示した。

 河野氏は16日に出席したドイツでの「ミュンヘン安全保障会議」で、「北朝鮮は朝鮮半島再統一の野心があり、目的達成のために核兵器を重要な手段と考えている」と発言。20日の会見で記者団から見解を問われ、「北朝鮮の発言、行動を見ていれば当然そういう結論になる」と改めて説明した。

 河野氏はまた、「北朝鮮は様々な場面で、南北統一ということに触れている」とも指摘。「当然、そういう野心を持った核開発だろうと思う」と述べた。

 北朝鮮の核開発の目的をめぐっては、米太平洋軍のハリス司令官も14日、下院軍事委員会の公聴会で「長期的には北朝鮮が主導する『共産主義に基づく南北統一』を目指している」との分析を披露している。(田嶋慶彦)

こんなニュースも