[PR]

 SNSで知り合った小学5年生の女子児童を自宅に連れ込んだとして、神奈川県警相模原南署は19日、川崎市高津区梶ケ谷5丁目の自称無職高橋茂容疑者(28)を未成年者誘拐の疑いで逮捕し、発表した。

 署によると、高橋容疑者は、SNSに家出をしたいと書き込んでいた児童と知り合い、18日午後11時ごろ、相模原市内で待ち合わせ、川崎市内の自宅まで連れて行った疑いがある。

 児童が同日午後9時ごろに家を出たまま連絡がつかなくなったため、児童の親が19日午前2時ごろ、署に届け出た。駅の防犯カメラや、児童の携帯電話のGPS機能などから容疑者の自宅を割り出したという。高橋容疑者は「未成年を親に無断で家に泊めたことは間違いない」と容疑を認めているという。