[PR]

 95歳の「おばあちゃんモデル」が、画像を共有できるSNSのインスタグラムで注目を集めています。3年前に孫に誘われてモデルになり、今ではフォロワーが約4万人。新しい写真を公開するたび、国内外から「いいね!」が届きます。そんなおばあちゃんに会いに行きました。

 「おばあちゃん、今度は右手を上げてみて」

 「今の笑顔、もう1回!」

 呼びかけに合わせ、おばあちゃんモデルの渡久地(とぐち)恵美子さん(95)が次々とすました表情やポーズを作っていく。

 ここは兵庫県伊丹市。孫の森千波(ちなみ)さん(36)の自宅で撮影は行われた。

 千波さんは、色とりどりの糸を使って自由に織り上げていく「さをり織り」の作家。この日の撮影では、千波さんが手作りしたカラフルな糸を織り込んだストールに、赤と黒を基調としたワンピースを身につけた。帽子と黒い大ぶりのイヤリングも合わせた。

 恵美子さんは、沖縄県の伊江島育ち。35歳で夫を亡くした後は、農業で生計を立て、5人の娘を育て上げた。54歳で娘が住む兵庫県へ引っ越し、11人の孫に恵まれた。

■「モデルなんて若い人がするも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら