【動画】ドローンズアイ 琵琶湖の伝統漁法「エリ漁」=矢木隆晴、内田光撮影
[PR]

ドローンズアイ

 1メートルほどの間隔で湖底に立てたグラスファイバー製のくいの列が数百メートル続いている。上空から見ると、まるで琵琶湖の水面に点線で描いた巨大な幾何学模様だ。

 2月中旬、江戸時代から続く定置網を使った琵琶湖独特の「エリ漁」が始まった。エリは漢字で「魞(えり)」。「魚」へんに「入」と書く。くいを並べた誘導路の一番奥に網を仕掛け、魚が入るのを一晩待つ。志賀町漁協(大津市)の三田村進さん(65)が船を近づけ網を揚げると生後数カ月のアユがピチピチとはねた。この日とれたのは約18キロ。半透明なことから、地元漁師は「氷魚(ひうお)」と呼ぶ。

 エリ漁は夏まで続く。氷魚は4…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら