[PR]

 法人税と消費税の計約2億600万円を脱税したとして、東京国税局が不動産仲介会社「福三」(東京都文京区)と福本健児社長(72)を法人税法違反と消費税法違反の疑いで東京地検に告発したことがわかった。

 関係者によると、同社は2014年3月期と16年3月期に東京都北区のマンション建築用地の売買を仲介し、利益をあげた。その後、別会社に手数料名目で資金を振り込み、架空の経費を計上する手口で所得を圧縮。法人税約1億5200万円と消費税約5400万円を脱税した疑いがある。振り込んだ資金は別会社から現金で戻させるなどして、福本社長が保管したり、競艇に使ったりしていたという。

 取材に対し、同社は修正申告したことを認め、「深く反省している。今後は適正な税申告を行う」とコメントした。