シリア政権軍側が集中空爆 100人超す市民が死亡

ガジアンテップ=其山史晃
[PR]

 内戦が続くシリアの首都ダマスカス近郊の反体制派の支配地域「東グータ地区」に対して、アサド政権軍側が19日、集中的に空爆し、少なくとも100人以上の市民が死亡した。反体制派の在英NGO「シリア人権監視団」が20日、発表した。

 監視団によると、犠牲者のうち20人が子ども、15人が女性という。集中的な空爆は18日から始まり、多数の負傷者も出ている。4年間にわたって政権軍に包囲されている同地区では、医薬品が不足して医療体制は崩壊状態にあり、犠牲者が増える可能性が高い。

 同地区では、昨年11月から政権軍側による攻勢が強まっている。周辺では政権軍側部隊の増強の動きがあり、人権監視団は、近く政権軍側が地上戦に乗り出すとの見通しを伝えている。(ガジアンテップ=其山史晃)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント