[PR]

 その黒猫は、誰かに傷つけられたのか、背中はただれ、目も見えなかった。でも、物おじしない甘えん坊。人を信じ、たくさんの人に愛された猫の物語を知ってほしいと、飼い主だった女性が今月、本を出版した。22日は猫の日。

 大阪府和泉市のウェブデザイナー咲(さき)セリさん(39)が黒猫の「みつき」を兵庫県在住の友人からもらい受けたのは約3年前のこと。野良猫だったみつきは背中からしっぽまで大きくただれ、生々しい傷を負っていた。友人が献身的な看病を続けたおかげで快方に向かったが、先住の猫と相性が悪かった。新しい飼い主を募るも盲目の猫にもらい手はつかない。咲さんは悩んだ末に手を挙げた。

■ひざから下ろ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら