[PR]

 えちごトキめき鉄道(上越市)のリゾート列車「雪月花」と、しなの鉄道(長野県上田市)の観光列車「ろくもん」が4月前半、相互に乗り入れ、高田―上田間を1往復する。両社は、姉妹都市である両市の交流を進めようと、高田城と上田城の桜の見頃に合わせて企画した。

 雪月花は4月13日、午前便が直江津から上田まで、午後便が上田から高田までを約3時間かけて結ぶ。午前便は人気シェフ監修のフランス料理、午後便は糸魚川市の老舗割烹(かっぽう)の和食が付く。料金は2万1800円。

 ろくもんは4月7日、午前便が上田発高田行き、午後便が高田発上田行き。5種類のワインを地元名店の料理と楽しむNAGANOワインプラン(2万1800円)と、弁当や乗車証明書、行き先表示プレートが付いたオリジナルグッズプラン(1万2800円)がある。

 ろくもんは、上田市ゆかりの真…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら