[PR]

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は20日、平昌五輪のアイスホッケー男子に出場しているスロベニアのジガ・イエグリッチにドーピング違反が発覚したと発表した。イエグリッチからは気管支拡張作用のある禁止薬物フェノテロールが検出された。同選手は残り試合の出場停止処分を受け入れた。(時事)