[PR]

 反難民を掲げるドイツの新興右翼政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が、19日に発表された政党支持率調査で初めて社会民主党(SPD)を抜き、第2党となった。政権入りなどをめぐって右往左往するSPDに、有権者が不信感を募らせているようだ。

 世論調査会社インザによると、AfDの支持率が16・0%だったのに対し、SPDは15・5%にとどまった。AfDの支持率は、初めて連邦議会に議席を獲得した昨年9月の総選挙から徐々に上昇している。一方、SPDは下落が続いていた。公共放送ARDが15日に発表した調査でも、SPDが過去最低を記録し、AfDが1ポイント差まで肉薄していた。AfDのワイデル議員団長は「我々はいまや国民政党だ」とツイッターでコメントした。

 SPDは、昨年9月の総選挙で惨敗した直後に下野を表明。だがメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟が小政党との連立交渉に失敗すると、一転して大連立に向けた交渉に乗り出した。またシュルツSPD党首(当時)は入閣を否定していたが、連立協議で外相就任に意欲を示したことで批判を浴び、党首を辞任した。

 SPDは、大連立の是非を党員投票で判断する。結果は3月4日に発表される。今回の支持率調査の結果が党員の判断に影響を与える可能性がある。(ベルリン=高野弦)

こんなニュースも