[PR]

 福岡県小郡市の住宅で昨年6月、母子3人が殺害された事件で、県警は21日、子ども2人の父親で元県警通信指令課の巡査部長、中田充容疑者(39)=妻への殺人罪で起訴、懲戒免職=を子ども2人に対する殺人容疑で再逮捕し、発表した。

 県警によると、中田容疑者は昨年6月6日未明ごろ、自宅2階で長男の涼介さん(当時9)と長女の実優さん(同6)の首を絞めて殺害した疑いがある。

 事件は6月6日朝に発覚。妻由紀子さん(同38)の姉が、中田容疑者宅の2階の布団の上で倒れている子ども2人と1階の台所で倒れている妻を見つけた。3人の死因はいずれも窒息死だった。

 発覚から2日後、県警は妻への殺害容疑で中田容疑者を逮捕した。子どもの死亡にも関与した疑いが強いとみていたが、妻への殺害容疑も含めて「知らない」と一貫して関与を否定していた。

 現場が自宅で、目撃者がいない上に物証も乏しく、捜査は難航した。捜査の結果、家族以外に自宅に侵入した形跡がなく、妻が子どもを殺害する動機がないことなどから、中田容疑者が子どもも殺害した疑いが強いと判断した。(菅原普)