[PR]

 女性を死なせ、現金を奪い取ったなどとして、愛知県警は21日、名古屋市瑞穂区雁道町3丁目、無職大橋利雄容疑者(38)=有印私文書偽造・同行使の罪で起訴=を強盗・強制性交等致死の疑いで再逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 県警によると、大橋容疑者は1月13日、瑞穂区の無職女性(57)宅で、女性を蹴ったり、性的暴行をしようとしたりして死亡させ、女性宅にあった現金十数万円などが入ったかばんを奪った疑いがある。

 同日夜、女性と連絡が取れないことを心配した親族が訪れ、死亡している女性を発見。遺体には複数の外傷があり、県警が捜査していた。

 大橋容疑者は同月23日、瑞穂区内の郵便局で、女装するなどして女性になりすまし、女性の通帳で現金を引き出そうとしたとして、詐欺未遂などの疑いで瑞穂署に逮捕された。

 近くに住む男性によると、2人は親戚同士だという。