[PR]

 19日に行われたスピードスケート女子団体追い抜き1回戦で、準決勝進出を逃した韓国。1人が大きく遅れたレース展開と、その後のインタビュー内容について人々の非難が殺到している。

 3人が6周を滑り、最後尾がゴールに入ったタイムで争う団体追い抜き。韓国は最終周で、先頭の金(キム)ボルムと2番目の朴(パク)ジウが、最後尾を滑っていた盧善英(ノソンヨン)を引き離してしまった。先頭が風よけとなるなど、3人が力を合わせるこの種目では考えにくい終わり方だった。

 テレビでは2人が引き揚げる一方で、落ち込んで座り、外国人コーチに慰められる盧の姿が映った。直後のインタビューで、金は「最後尾のタイムで決まるので、いい記録が出なかった」と、盧に責任を課すような発言した。

 この後から、青瓦台(大統領府)ホームページの国民請願掲示板では、「金と朴の代表資格を剝奪(はくだつ)すべきだ」という請願が始まり、21日昼の時点で約48万が賛同している。この請願は、30日以内に20万の賛同があった場合、政府関係者が何らかの答弁をすることになっている。

 金は20日に緊急記者会見を開き、「最終周で29秒を切らなければ、ということばかりに気を使い、善英さんを引っ張ることができなかった」と涙を流して謝罪。同席したペク・チョルギ監督も「盧が遅れているということをリンク内に伝えられなかった。レース直後のおかしな場面についても指導者の責任」と話した。

 不和が五輪の舞台で表れた格好…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら