[PR]

 パナソニックは、1927年に発売した「角型ランプ」を復刻した懐中電灯「強力マルチライト」を6月20日に売り出す。角型ランプは松下電気器具製作所(現パナソニック)を創業した松下幸之助が自転車につけたり、手持ちで使ったりするライトとして考案した。3月に創業100周年を迎えるのを記念して新商品を出す。

 角型ランプは「ナショナル」の商標を初めてつけた商品で、幸之助が「国民の必需品にしよう」との思いで名付けた。発売から1年もたたずに月に3万個を売るヒット商品になった。

 今回売り出す強力マルチライトは前面と底にLEDライトがあり、明るさを調節できる。懐中電灯としても、ランタンとしても使える。大きさは手のひらほどで、かつての角型ランプよりひとまわり小さい。単3乾電池3個つきで、市場想定価格は税込み4320円前後。(新田哲史)