[PR]

衆院予算委員会で22日午後、「働き方改革」などをテーマに集中審議が開かれました。野党各党は安倍晋三首相に対し、裁量労働制に関する答弁を撤回した問題などを追及。立憲民主党の山尾志桜里氏は、首相の9条改憲案や待機児童問題も取り上げました。首相や閣僚はどう答えたのでしょうか。タイムラインで論戦を追いました。

この記事は有料会員記事です。残り4132文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り4132文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り4132文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら