[PR]

 21日午後0時45分ごろ、鹿児島県霧島市国分野口北の市道交差点で、無職池田時男さん(87)の軽乗用車と、会社役員篠原桜さん(37)=いずれも市内=の乗用車が出合い頭に衝突。篠原さんの車の助手席にいた長女凪(なぎ)ちゃん(6カ月)が車外に放り出され死亡した。チャイルドシートは使用していたという。

 県警交通規制課によると、現場は県下一周市郡対抗駅伝競走大会のために交通規制中。霧島署の30代の男性巡査部長が交差点の角に立ち、池田さんの前にいた車2台を左折させた。その直後に池田さんの車が直進して事故が起きた。巡査部長は「直進車を止めるつもりだった」という趣旨の話をしているといい、県警が詳しい状況を調べている。

 現場は片側1車線。先頭走者が近付いていて規制しており、篠原さん側の車線は常に青信号、池田さんの車線は赤信号だった。

 池田さんと妻(84)、篠原さんの3人も軽いけがをした。県警の山下耕治交通部長は「事故原因の全容解明に捜査を尽くす」とのコメントを出した。(野崎智也、大崎浩義)