[PR]

 タイ中部のアユタヤにある日本人町跡のリニューアルが終わり、21日に現地で記念の式典があった。昨年9月に日本とタイが修好130周年を迎えたのを記念する事業の一つで、バーチャルリアリティー(VR)の技術を使って往時の様子を再現した画像を楽しめるのが目玉だ。

 アユタヤは、14世紀半ばから400年余り続いたアユタヤ朝の都。チャオプラヤー川沿いにあることなどから、交易が盛んで、ポルトガル人やオランダ人など多くの外国人が訪れて居住区をつくった。日本も朱印船を通じて交易し、日本人町には一時、1千~1500人ほどが住んでいたとみられている。

 なかでも、17世紀のアユタヤで日本人町の頭領や王朝の雇い兵の隊長として活躍したとされる山田長政の名はよく知られている。

 日本人町の跡地には庭園や資料館などが整備されていたが、修好130周年を機に、泰日協会がバンコク日本人商工会議所などからの支援を受け、リニューアルに着手していた。

 VRの技術を使った再現画像は、17世紀のアユタヤ朝全盛期の日本人町の様子を360度のパノラマで表現。敷地内でタブレットやスマートフォンで見ることができ、日本語、英語、タイ語の音声による解説もある。「ストリートミュージアム」と名付けられたVRのコンテンツ制作は、日本の凸版印刷が担当した。

 式典には、ワチラロンコン国王の妹のシリントン王女も参加し、タブレットに再現画像を映しながら敷地内を見て回った。日本からは佐渡島志郎・駐タイ日本大使らが出席した。

 泰日協会のカリン会長は式典後、「今後、ここを訪れる人がもっと増えるだろう」と期待を示した。(アユタヤ=貝瀬秋彦)