[PR]

 たびたび故郷の徳島県を訪れていた俳優の大杉漣さん。突然の訃報(ふほう)に、地元の関係者からは驚きと悲しみの声が上がった。

 大杉さんは俳優活動のかたわら、定期的に地元で音楽活動もしていた。今年1月21日には、同県阿波市で音楽ライブとトークのイベントに出演。楽器を貸し出した音楽スタジオのオーナー、沢田幸延さん(66)は「親しみやすい人だった」と振り返る。イベントでは、大杉さんが故郷の小松島市の話を楽しそうに話し、最後は観客も舞台に上げて、一緒に阿波おどりを踊った。沢田さんは「1カ月前、あれだけお元気そうだったのに」と惜しんだ。

 徳島市内でレコード店を営む福田典彦さん(64)もその気さくな人柄を思い出す。昨年、県内の飲食店で大杉さんと同席した。その日知り合ったばかりの大杉さんの関係者と食事をしていた時に、本人がふらっと現れた。

 気遣って席を外そうとすると、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら