ブーイングより励ましの拍手 フィギュアに見た五輪精神

有料会員記事

西山良太郎
[PR]

 フィギュアスケートの女子の演技をみながら、観客席の隣の女性が気になって声をかけた。

 あれ、スウェーデンの旗を振っている。さっきは韓国、その前は米国でしたよね。「そう。ほかにもあります」。カバンをのぞかせてもらうと、確かに国旗は10カ国以上ありそうだ。

 「フィギュアの大ファンなんです。米国、欧州、あちこち追いかけています」

 米カリフォルニア州からきたジュディ・ハインズさん。1998年からのめりこみ、五輪も今回が3回目だという。

 それで思い出した。羽生結弦(ANA)が優勝した男子の会場風景だ。驚く数の日本国旗が振られたけれど、持ち主は外国の人も多かった。別の国旗を2、3枚持つ人もいたっけ。

 「選手のデビューから見てい…

この記事は有料会員記事です。残り346文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]