[PR]

(21日、平昌五輪スピードスケート女子団体追い抜き決勝)

 隊列は最後のカーブまで乱れなかった。ゴールラインを越えた瞬間、3人の両手が突き上がった。高木菜那(25)=日本電産サンキョー=と美帆(23)=日体大助手=の姉妹、佐藤綾乃(21)=高崎健康福祉大。スケート大国オランダを残り2周を切って逆転し、女子団体追い抜きで悲願の金メダルを手にした。

 約20センチ。

 前を滑る選手との間隔をソチ五輪があった4年前の平均と比較した差だ。日本スケート連盟の湯田淳スピード強化部長は「ソチの時よりも明らかに近い」。メダリストをそろえたオランダと比べて個々の力が劣る日本の強みはそこにある。

 この種目は3人が縦に隊列を組み、400メートルリンクを6周する。先頭交代を繰り返すことで選手が受ける空気抵抗を分散し、チームとして終盤まで体力を温存できるかが重要な戦術だ。

 連盟の科学班は、風洞実験で選…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら