[PR]

 大阪大は22日、研究室のスタッフに懇親会の参加を強制するなど複数のハラスメントを繰り返したとして、大学院国際公共政策研究科の60代の男性教授を停職3カ月の懲戒処分とし、発表した。パワハラやセクハラ、アカデミックハラスメント(アカハラ)があったという。

 阪大によると、教授は2013~14年度、研究室所属の大学院生や事務補助のアルバイトに懇親会への参加を強制し、準備や後片付けをさせたり、大学院生に明確な指示をせずに演習の補助に関わらせたりした。

 また、遠方で開かれた研究集会の際には女性スタッフが泊まる部屋で男性が参加する宴会を開いた。さらに別の宴会ではOBを通して、女性スタッフに繰り返し参加を指示した。求人情報と実際の勤務の違いに不満を述べたアルバイトには「不満があるなら辞めれば良い」という趣旨の発言をしたという。

 教授は大学の調査に対し、「(懇親会への参加は)強要したわけではない」と説明したという。

 スタッフから大学側に複数回の相談があり、調査していた。西尾章治郎総長は「教育研究に従事する立場にあるべき者がその資質さえも疑われる行動に及んでいたことは誠に遺憾」とのコメントを出した。