[PR]

 小柄な16歳の活躍に、スタンドが沸いた。22日、スノーボード女子ビッグエア決勝で4位に入った岩渕麗楽(れいら)(16)。スタンドに両親や祖父母らが応援に駆けつけた。

 4位で迎えた最後の3本目。直前で3位の選手が着地に失敗し、メダルへの期待が高まった。「立ってくれー!」と祈るような声援が飛ぶ。

 最後に挑んだのは、大技「バックサイドダブルコーク1080」。高いジャンプからきれいに回転する。だが着地が乱れ、会場からはため息が漏れた。あと一歩、表彰台には届かなかった。

 世界と渡り合った娘の姿を見届け、母の恵里香さん(44)は「自慢の娘です。海外の大会に出るようになり、本当に成長した」。客席の最前列に向かい、戦いを終えた娘を待った。

 取材対応を終えた岩渕に「麗楽!」と大声で呼びかける。駆け寄ってきた娘に、母は「カッコよかったよ。本当によかった」と何度も繰り返した。「勝てなかったー」と悔しがる岩渕の目から、涙がこぼれた。

 普段は人前で泣いたりしないという16歳。父の和宏さん(43)は「この涙はきっと、今後につながる。1年前にはこんなことは考えられなかった。もっと大きく成長して欲しい」と話した。(高野遼)