[PR]

 アイスホッケー女子で米国がカナダに逆転勝ちし、1998年長野五輪以来の金メダルを獲得した。

 1点を追う米国は第3ピリオド残り約6分、相手が選手交代でもたついた間にGKとの1対1に持ち込んで、同点ゴール。そのまま延長でも決着がつかず、ゲームウィニングショットの6本目で勝利を決めた。

 米国は世界選手権4連覇中、カナダは五輪を4連覇していた。15日の1次リーグではカナダが2―1で勝った。最強のライバルを下しての金メダルに、米国のDFケイシー・ベラミーは「今まで経験したことのない感情。言葉にできない」。