[PR]

 スピードスケート女子団体追い抜きのメダルセレモニーが22日、平昌オリンピックプラザで開かれた。優勝メンバーの高木美帆(23)、姉の菜那(25)、佐藤綾乃(21)、菊池彩花(30)の4人に金メダルがかけられた。

 菊池は涙を浮かべて「みんなでこうやってメダルをとることができて本当にうれしい」。菜那は「けがをしてつらいこともあったが、支えてくれた人のおかげでこの場に立てる。感謝したい」と話した。佐藤は「2年前までオリンピックを目指す位置にいなくてこういうふうに結果を残せると思っていなかった。驚きでしかない」。美帆は「みんなでいろんなことを話し合い、たくさん練習してきてここにたどりつくことができた。うれしい気持ちでいっぱい」と喜んだ。(高浜行人)