[PR]

 戦闘機を搭載できる「攻撃型空母」の保有は、憲法9条に由来する「専守防衛」に反するのではないかと長く議論されてきた。その裏側で、海自内で空母保有を念頭に置いた建艦構想が静かに進められていたことが明らかになった。

 海自の元幹部らによると、冷戦時代の50年代後半から何度も航空機搭載型の護衛艦の保有構想が練られてきたという。当初は、旧ソ連が導入した高性能な原子力潜水艦や長射程の対艦ミサイルに対処する必要性からだった。

 冷戦が終わり、海外での災害救…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら