[PR]

 「私はもう、五輪には行けないのかな」。カーリング女子の日本代表LS北見のスキップ藤沢五月(26)の心は、何度か折れかけたことがある。

 中部電力カーリング部時代、4度の日本一になりながらソチ五輪代表を逃した時。優勝すれば平昌五輪代表が決まっていた昨年の日本選手権、決勝で負けた時も。藤沢にとって、世界への扉は厚く、重かった。

 「天才」として国内カーリング界では昔から知られた存在だった。小学5年の頃に対戦したサードの吉田知那美(26)は、当時を「私と比べものにならないくらいうまかった」と話す。

 その才能を一層伸ばしたのは、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら