[PR]

坂本拓さん(27)

 母の心がもろくなっていくのを感じたのは中学の終わりの頃。再婚相手と口論し、泣いてばかり。リストカットもした。パニック障害とうつ病と診断された。

 母と2人の生活が始まった。「支えられるのは自分だけだ」。専門学校を出て横浜のNPOに就職。精神保健福祉士になった。家事もこなし、母が泣きやまぬ日は朝まで話を聞く。だが次第に涙が甘えに見え、負担に思えてきた。

 「仕事なら違う気持ちでできるのに」。就職して1年。母に別居を提案すると、「自由な人生を歩んで」と賛成された。母は病気への理解を深め、気持ちの波を調整。旅行など自分の時間を持つようになった息子の変化を喜んだ。

 今年1月、同じ立場の仲間と「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら