[PR]

 医師の高額年俸に残業代は含まれるかが争われた訴訟の差し戻し審の判決が22日、東京高裁であった。白石史子裁判長は昨年7月の最高裁判決を踏まえて「含まれない」と判断。病院に残業代を求めた医師の請求を棄却した差し戻し前の高裁判決を取り消し、計約550万円の支払いを命じた。

 一、二審判決は「残業代は年俸に含まれる」としたが、最高裁は「残業代と他の賃金が判別できなければ、残業代を支払ったことにはならない」と判断し、残業代算定のために審理を差し戻していた。この日の判決は残業代を約270万円とし、同額の制裁金と合わせた支払いを命じた。

 判決によると、男性医師は2012年4月から神奈川県内の私立病院と年俸1700万円の雇用契約を結んだが、同年9月に解雇された。賃金規定は1日8時間の法定労働時間を超えても、残業代が全額は支払われない内容だった。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/