[PR]

 持久力と筋力が低い中学生は、両方とも高い中学生に比べて生活習慣病やメタボ傾向となるリスクが4倍高い――。そんな研究結果を新潟大学研究グループと阿賀野市が発表した。研究グループは「脳卒中や認知症などを予防し、健康寿命を延ばすには、中学生の頃から生活習慣の改善を始める必要がある」と話している。

 新潟大医学部の曽根博仁教授らは、阿賀野市内の中学2年生993人分の体力テストと、血液検査や血圧などの健康診断の結果を解析。その結果、心肺持久力と握力が低いグループは、両方高いグループに比べて代謝異常リスクを有する可能性が4・3倍高いことが分かったという。研究成果は昨年12月、米国の医学専門誌に掲載された。

 曽根教授によると、子どもの頃の代謝異常は成人以降に持ち越されることが多いが、中高生は血液検査や血圧測定を含む健康診断を受ける機会がないため、早期発見が難しいという。阿賀野市では「健康寿命日本一」を掲げて中学2年生全員の血液検査や生活習慣についてのアンケートなどを続けており、こうした研究に結びついた。

 今後は睡眠時間や朝食の有無といった生活習慣についても分析し、代謝異常との関連を明らかにしたいという。(岩波精