[PR]

 今年1月、京都市東山区の民泊施設で起きた1件の小さな火災が波紋を広げている。「惨事になりかねなかった」と振り返る住民らに対し、「事業者が地域といい関係を築いていたからボヤで済んだ」と市当局。得られた教訓とは。

 1月20日午後10時20分ごろ。その日の家事を終え、居間でテレビを見ていた女性(48)は異変を感じた。何か焦げ臭い。あわてて台所に行って火元を確認したが異常はなかった。

 とっさに「隣の簡易宿所か」と思った。昨年できた木造平屋建ての民泊施設だ。庭や玄関前で外国人がたばこを吸っているのをたびたび目撃していた。窓を開けると、施設の離れにあるトイレ付近からオレンジ色の炎が見えた。

 「火事だ!」。隣にいた夫が家…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら