[PR]

 宮原知子(19)=関大=が4位、坂本花織(17)=シスメックス=が6位に入ったフィギュアスケート女子。宮原が演技を終え、笑顔になって両手でガッツポーズをすると、日本人のファンを中心に観客席からひときわ大きな拍手がわき起こった。

 宮原の名前を描いた旗を手に応援した京都府の会社員谷崎智代さん(56)は、演技を見届けると涙を流した。「けがで大変な思いをしたのに、よく調整した。感動しました。ほめてあげたい」。メダルまであと一歩。「ザギトワやメドベージェワなど、上位がベストの演技をした。届かなかったけど、全てを出せたと思う」と話した。

 羽織はかま姿で観戦した関大応援団長の明原渡さん(21)は、宮原の自己最高得点を見て、鳥肌が立ったという。「惜しかったけど、感動した。心の底から拍手したい」とたたえた。

 夫婦で観戦した東京都の会社員男性(58)は「宮原さんも坂本さんもよく頑張った。メダルに届かなかったのは残念だけど、ロシアの2人がすごすぎた」。(高浜行人)