[PR]

 紀美野町周辺の4市町で計画されている風力発電所をめぐり、同町区長連絡協議会(若林豊会長)は23日、町内で臨時会合を開き、健康被害や環境への重大な影響が懸念されるなどとして、事業に反対していく方針を出席者全員の一致で決めた。今後、知事宛てに要望書を提出する。

 この日の会合には町内64区のうち53区の区長らが出席した。要望書の原案では、建設予定の風力発電機の出力は国内で稼働実績がない巨大なものだとして、地域住民の健康面や環境面への影響を懸念。森林法に基づき、知事に林地開発の許可をしないよう求める内容となっている。

 協議会の若林会長は「健康への被害が心配されるうえ、貴重な自然環境が破壊される。計画を受け入れることはできない」と話した。(白木琢歩)