[PR]

 3月8日は、国連が定めた「国際女性デー」です。男女格差が大きいとされる日本を、若い人たち、とりわけ女の子たちが、性別にとらわれず生きることができる社会に――。「ひふみん」の愛称で親しまれ、昨年引退した将棋の加藤一二三九段(78)は「賢さと謙虚さ、柔軟な精神を」と語ります。

     ◇

 30歳のクリスマスに、キリスト教の洗礼を受けました。カトリック麴町聖イグナチオ教会(東京都千代田区)で挙式するカップルを対象にした3カ月間の「結婚講座」で、妻と講師を務めるようになったのは僕が43歳の時です。

 当時の僕は現役パリパリの棋士だったからね、教会から頼まれた妻に「一緒にやりましょう」と言われた時は、ちょっとびっくりしましたよ。棋士として、まだまだやるべきことがあるという時期だったから。

 でもね、妻は「やればきっと視野が広がる。遠回りのようでいて、それは必ず将棋の役にも立つと思う」と言ったの。

 聖アウグスティヌス(キリスト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら