[PR]

(23日、平昌五輪女子カーリング準決勝 日本7―8韓国)

 平昌五輪のカーリング女子準決勝で23日、開催国の韓国が日本(LS北見)を下し、決勝に進んだ。

 終盤まではミスのないプレーで韓国優位に進んだが、勝利が濃厚だった第10エンドで決めきれなかった。

 しかし、ここで持ち直した。有利な後攻で迎えた延長の第11エンド、「メガネ先輩」の愛称で親しまれる韓国のスキップ・金ウンジョンが放ったラストショットは、チームメートの懸命のスイープで、中心付近で止まった。

 1点を奪い勝利が決まると、韓国チームは両手を挙げ、抱き合った。金はメガネを外し、涙を流した。「第10エンドでラストショットを決められず、重い責任を感じていた」と話した。