メガネ先輩、激闘決める一投 重圧はねのけ日本破る

有料会員記事

[PR]

(23日、平昌五輪女子カーリング準決勝 日本7―8韓国)

 延長第11エンド。「メガネ先輩」の愛称で親しまれる韓国のスキップ・金ウンジョンが放った最終投の赤い石が、ハウスの中心に向かって進み出す。仲間の懸命なスイープ。石は伸び、日本の黄色の石よりわずかに中心近くに止まった。

 1次リーグは日本が韓国に唯一の黒星をつけた。そのお返しとばかりに、今度は韓国が1点差の辛勝で銀メダル以上を決めた。地元の大声援が響く。セカンドの金ソンヨンは「言葉に出来ない。金メダルをとるチャンスができてうれしい」。普段は表情をあまり変えない金ウンジョンはメガネを外し、仲間と抱き合って涙した。

 序盤から氷の状況を的確につ…

この記事は有料会員記事です。残り394文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら