[PR]

 弘法大師空海ゆかりの五岳山を走る山岳耐久トレイルランニングの大会「第1回善通寺五岳山空海トレイル2018」が24日、善通寺市で開かれた。全国22都道府県から約250人が参加、アップダウンが続く難コースに挑んだ。

 総本山善通寺近くの香色山児童公園をスタートし、市道を経由して火上山、中山、我拝師山、筆ノ山、香色山のそれぞれの山頂を越え、香色山登山口へ下りる1周15キロのコース。1周のシングル、2周するダブルの2クラスで、タイムを競った。

 午前8時10分から善通寺境内で開会式があり、前日コースを試走したゲストのプロトレイルランナー松永紘明さん(38)が「難所続きの厳しいコースだが、空海さんも3歳から10歳ごろまで駆け巡ったという舞台。自分と向き合い、景色を満喫しながら頑張ってください」と激励した。

 最高齢参加者の横田芳造さん(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら