エキシビ練習でマットにダイブ 羽生より笑い誘ったハビ

有料会員記事

後藤太輔
[PR]

 平昌五輪フィギュアスケートは25日、江陵アイスアリーナでエキシビションがある。66年ぶりの男子連覇を達成した羽生結弦(ANA)が最終滑走を飾る。24日は練習があり、男子銀メダルの宇野昌磨トヨタ自動車)や女子4位の宮原知子(さとこ)(関大)が各国の選手らと楽しみながら流れを確認した。

 羽生がフェンスを覆うマットの上にコミカルな動きでダイブした。4位の金博洋(中)が、先に飛び込んだのを見て後に続いた。さらに続いたのは男子銅メダルのハビエル・フェルナンデススペイン)。「チャプリン」など氷上でコミカルなキャラクターを演じるのが得意な26歳は、飛び込む動きをわざとぎこちなくして、羽生や金博洋よりも周囲を笑わせていた。

 全員が同じ踊りを披露する場…

この記事は有料会員記事です。残り226文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]