[PR]

 社民党の定期大会が24日、東京都内で始まった。25日まで2日間の日程で、吉田忠智党首の任期満了に伴う又市征治幹事長の党首就任を正式に承認するほか、幹事長に吉川元・政審会長を選出する見通し。吉川氏は政審会長を兼務する。照屋寛徳氏は国会対策委員長を留任する。

 吉田氏は大会のあいさつで、来年夏の参院選に向けて「一致結束して闘い、安倍政治を終わらせよう」と述べた。立憲民主党の枝野幸男代表、民進党の大塚耕平代表、共産党の志位和夫委員長、自由党の小沢一郎代表も出席。希望の党の玉木雄一郎代表は招待しなかった。

 枝野氏はあいさつで、来年の参院選1人区について「今日お招きを頂いた各党のみなさん、社民党のみなさんと、野党の候補者を一本に絞って勝ち抜いていきたい」と述べ、候補者調整を進める考えを示した。

こんなニュースも