[PR]

 平昌冬季五輪第16日は24日、スピードスケートの新種目、男女マススタート決勝があり、女子は高木菜那(日本電産サンキョー)が団体追い抜きに続く二つ目の金メダルを獲得した。男子はウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が11位だった。

 女子の団体追い抜き金、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)と男子の土屋良輔(メモリード)はそれぞれ1回戦で敗れた。

 1回戦は1組12人の計2組で争われ、それぞれ上位8人が決勝へ進む。