[PR]

 東京マラソンは25日、東京都庁から東京駅前までの42・195キロで行われ、男子は設楽(したら)悠太(26)=ホンダ=が日本勢トップの2位となり、2時間6分11秒の日本新記録をマークした。高岡寿成(カネボウ)が2002年のシカゴで出した従来の日本記録を、16年ぶりに5秒更新した。昨年からフィニッシュ地点が東京駅前となったことでレース終盤の起伏がなくなり、より好記録が望めるコースになった。設楽は、日本実業団陸上競技連合が3年前に設けた報奨金制度で、男女を通じて初めて1億円のボーナスを手にする。

 今年で12回目を迎えた国内最大規模の大会には一般、車いすの部を合わせて約3万6千人が参加した。