【動画】北海道小樽市沖の海中で泳ぐトド=橋本弦、恵原弘太郎撮影
[PR]

 北海道・小樽沖で、冬になるとロシアなどの繁殖地から北海道近海へ回遊してくる「トド」の群れに出会った。

 1月下旬、気温は零下3度、水温約8度の水深約10メートルのうっすらと濁った海中。体長約3メートルのトド約20頭がダイバーたちを取り囲むようにゆっくりと近づいてきた。好奇心旺盛なトドは時折、顔を近づけ大きな目でダイバーの様子をうかがっているようだった。トドとの潜水は約20分間になった。

 18頭のトドを飼育展示している「おたる水族館」学芸員の古賀崇さん(49)によると、トドは例年12月から春先まで小樽近辺で見られるという。環境省のレッドリストでは「準絶滅危惧」に指定されている。札幌市からダイビングに参加した看護師佐々木沙耶さん(26)は「札幌のすぐ近くで、こんなにたくさんのトドが見られるとは思わなかった」と興奮気味に話していた。(恵原弘太郎)

関連ニュース