[PR]

 旧ユーゴスラビアの小国マケドニアの首都スコピエ郊外にある「アレクサンダー大王空港」で24日、名称を変えるための看板の取り外しが行われた。隣国ギリシャとの関係改善に向けた第一歩。新名称は「スコピエ国際空港」となる。

 マケドニアは1991年に独立したが、隣国ギリシャから国名を反対されてきた。古代ギリシャのマケドニア王国に由来するマケドニア地域はギリシャにもまたがる。マケドニア王国を率いたアレクサンダー大王はギリシャ人の誇りでもある。

 マケドニアとギリシャは国連の仲介で、マケドニアの新国名を含む和解について交渉中。マケドニア側はギリシャ国民の感情を害してきた空港の名前を変えると表明していた。

 マケドニアは、ギリシャに阻止されてきた北大西洋条約機構(NATO)と欧州連合(EU)への加盟を目指し、交渉を今年前半に決着させたい意向だ。今月13日にウィーンで両国の外相が会談するなど、交渉は本格化している。(ウィーン=吉武祐)