[PR]

 エミリー・チャン(37)の最新刊「ブロトピア(Brotopia)」の一部が1月、雑誌「バニティーフェア(Vanity Fair)」に掲載され、シリコンバレーにちょっとした衝撃が走った。

 シリコンバレーの「ひそかならんちき騒ぎの黒い内幕」という見出しで、裕福なハイテク企業の幹部や投資家たちの自宅で麻薬の勢いを借りたセックスパーティーがどのように行われているかが暴露されている。チャンが描写したパーティーの一つは、ベンチャー資本家スティーブ・ジャーベットソンが自宅で繰り広げた宴(うたげ)だった。ジャーベットソンは昨年、女性に対する素行の捜査が進む中で会社を離れた。

 2月6日に書店に並んだ「ブロトピア」の中で、シリコンバレーのハイテク企業に巣くう深刻な女性問題の一例としてセックスパーティーのことが挙げられている。この問題についてのチャンの検証は、セクハラなど性的虐待の被害体験を告発する「#MeToo」や男女同権に関する論議の展開とタイミングがたまたま合致した。

 チャンは経済専門通信社ブルー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも