[PR]

 米大統領のドナルド・トランプとかつて性的関係があったと告白したポルノ女優に、トランプの弁護士が13万ドル(1ドル=105円換算で1365万円)を支払った。当の弁護士がニューヨーク・タイムズに出した声明で、この事実を認めた。弁護士は自分の手持ちの資金でまかなったとしているが、支払いを認めたことで、弁護士としての法的問題から倫理規定問題まで多くの疑問が浮かび上がってきた。

 弁護士は、マイケル・D・コーエン。2月13日、ニューヨーク・タイムズに対し、女優のストーミー・ダニエル(本名はステファニー・クリフォード。以下クリフォード)に自分の手持ち資金から13万ドルを支払ったと述べた。同時に、コーエンはTrump Organization(トランプ・オーガニゼーション、訳注=トランプが大統領就任まで会長兼社長を務めていた不動産開発、投資、娯楽産業などの複合企業)やトランプの選挙支援団体から返済されたことはいっさいなく、あくまで自己資金による支払いで合法的だった、と述べている。

 13万ドルの支払いの事実を最初に報じたのは、ウォールストリート・ジャーナルだった。1月の報道で、コーエンは2016年の大統領選が始まる直前に支払った、としている。ちょうどクリフォードがあらぬうわさとなっていた性的関係をおおやけにしようとしていた時期だった、という。

 しかし、それは本当に弁護士の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも