[PR]

 出版科学研究所は26日、2017年の電子コミックス(漫画単行本)の推定販売金額が初めて紙のコミックスの売り上げを上回ったと発表した。

 紙と電子版を合わせた全体の推定販売金額は前年比0・9%減の3377億円だった。紙は同14・4%減の1666億円で過去最大の落ち込みとなった。16年に「こちら葛飾区亀有公園前派出所」などが完結した週刊少年ジャンプ(集英社)は新たなヒットに恵まれず、17年も「FAIRY TAIL」(週刊少年マガジン)や「マギ」(週刊少年サンデー)など、主要各誌で代表作が完結した影響が大きいという。

 一方、電子版は前年比17・2%増の1711億円。同研究所が電子を含めた統計を取り始めた14年以来初めて紙を上回った。連載が終了した過去の人気作品をまとめて読めることや、「ボーイズラブ(BL)」など特定の人気分野で堅調な売り上げが続いている。(本間沙織)