[PR]

 大井川鉄道のSLの汽笛が聞こえるのどかな街、静岡県島田市島に一風変わった「メキシコ寿し」を出すすし店がある。先代が半世紀ほど前に異国の地から持ち帰った自慢の一品。長年、人々に愛され続けている。

 田園や茶畑が広がる住宅街の一角に、「寿し宗」は店を構える。お品書きを見ると、マグロやイカといった一般的なネタの中で「メキシコ寿し」の表記が異彩を放つ。タコスなどメキシコ料理も充実している。

 黄緑が鮮やかなアボカド軍艦は滑らかな舌触りで、自家製という甘めのしょうゆによく合う。豚肉を穴子のタレで焼いた「カルネ」すしは甘辛い味付け。柔らかく蒸し上げられたエビの「カマロン」すしなどメキシコ寿しの一つひとつに職人のこだわりがのぞく。

 このユニークなすしを生み出し、日本に持ち帰ったのが、現在の店主、佐次本英人さん(53)の父親である宗平(そうへい)さん(89)。すし職人だった弟らと名古屋市ですし店を営んでいた宗平さんは1965年、憧れだった海外に「生きがい」を求め、妻と息子とともにメキシコに移住した。

 日本のすしを多くの人に食べさ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら