[PR]

 京都大は、26日に実施した一般入試の化学の試験中に出題ミスが見つかり、2問を削除したと発表した。試験会場の監督官が、削除した問題は解かないよう指示した。採点の際には2問を除外するという。

 化学は、理学部や工学部など7学部を志望する5085人が受験した「理科」の選択科目の一つ。氷の結晶に関する問いで、問題文中に不適切な部分があったため削除した。ほかに、化学の問題文で誤りが11カ所、物理の問題文で補足説明が必要な部分が4カ所あり、冊子にまとめるなどして受験生に伝えた。

 京大は昨年の入試ミスで17人を追加合格させた反省から、入試問題のチェック回数を増やすなどの対策をとっていた。