[PR]

 髪の毛を二つのお団子に結んだ少女が、大きなメガネのように顔の前に手錠を広げている。背景には、「痴漢は犯罪です 私たちは泣き寝入りしません」の文字。こんなバッジが、首都圏や関西の駅などで売られている。

 この「痴漢抑止バッジ」は一人の女子高校生が声を上げたことから生まれた。

 3年前。関東地方に住む女性(19)は高校に入学した翌日から毎日のように、電車で痴漢に遭っていた。怖くて何も言えず、自宅で「やめてください」と伝える練習を繰り返した。ようやく言えるようになっても、逃げられたり逆切れされたり。「体を触られる度に、自分の価値を下げられたような気がした」

 2年生になった春、初老の男性の手を捕まえた。「この人痴漢です。誰か助けてください」。ホームで叫んだが、みんな見ぬふり。相手から示談を持ちかけられたが、断った。

 「痴漢に遭ってから声を上げる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら