[PR]

 米ハリウッドのセクハラ問題の発端になった有名プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏が共同創業した映画会社「ワインスタインカンパニー」が、破産法の申請手続きに入り、経営破綻(はたん)することがわかった。26日、複数の米メディアが報じた。

 同社はワインスタイン氏のセクハラ問題で、経営幹部が対処してこなかったことも批判を招いていた。

 報道によると、近年はヒット作に恵まれず、経営が悪化していたところにセクハラ問題が表面化。制作会社から取引を打ち切られるなど、窮地に追い込まれた。投資グループへの売却を模索していたが、交渉がまとまらなかったという。(サンフランシスコ=宮地ゆう)