[PR]

 福山市の企業10社が設立した社会人野球チーム「福山ローズファイターズ」の激励会が26日夜、同市であり、支援する企業関係者ら約150人が出席した。

 設立から今年3年目。球団を運営するNPO法人福山スポーツ雇用サポートセンターの菅田雅夫理事長が「野球の運営は資金がかかり、ここまでこられたのも皆さんの支援のおかげ」とあいさつ。枝広直幹市長が「仕事と野球の両立は、働き方改革の最先端の試み」とエールを送った。

 続いて球団の理念や経過、新入団の選手らが紹介された後、横井辰文監督が「チームは前進している。支援を当たり前と思わず、初心を大切にしていきたい」と話した。(天野剛志)